Home > Archives > 2010-05

2010-05

久々に家族で

きんのは火曜日やったし、ゴールデンウィーク真っ最中やけど家族でドライブへ行ってきてん。
なかなか家族全部の(といっても上の娘は自分でちゃっちゃと京都旅行、長男は就職で関東方面研修中)休みが一緒に取れる事がないもんで、ほんなら店休みにして出掛けるかってことになってんちゃ。

で、どこへ出掛けるか、高山にも一度行ってみたいと思いつつも、どうみてもめちゃ混みで大変だろうっちゅことは眼に見えとっし、最終的には直前で白山方面、白山スーパー林道を走ってみっかと出掛けた訳ねん。
 
 

 
 
で取り敢えず、道の駅瀬名で情報収集。
以前サンバの楽器を教わった瀬戸さんが、今年も岩魚の塩焼きを焼いとったし、先ずはご挨拶。
 
 

 
 
「食べてくまっし!」と岩魚の塩焼きを二匹もご馳走になる。
 
 

 
 
相変わらず美味しく焼き上がった岩魚に家族も大喜び、瀬戸さんありがとうございました。
お約束通り宣伝しておきましたよ。
外は香ばしくパリッと、中はふっくら焼き上がった岩魚の塩焼き一匹400円、絶品でーす!

ほの横にゃ朝獲れの山菜売っとったし、コシアブラ2パック買ってしもた。
1パック200円也、昨晩天麩羅にして喰た!
独特の香りがして、美味しゅうございました。

ほんで瀬戸さんにスーパー林道のことを聞いたら、まだ開通しとらんらしいし、中宮温泉まで行って温泉に入っておいでとアドバイスを受けたんで、行ってみることにしたわ。

ほの前に山猫のそば茶ソフトをペロリ、ほんのりと蕎麦が香ってこれまた美味いわ。
 
 

 
 
さあ、ほれじゃ出発しよ。
で、中宮温泉へ向けて山道を快適ドライブ、こんな山ン中なんに気温25℃ってどいね?
下界はさぞかし暑かったんやろな。
 
中宮温泉の手前になんやら建物があったし、ちょっと寄ってみっか。
石川県白山自然保護センター 中宮展示館っちゅうんやて、結構面白く時間潰せるとこやった。

その裏に遊歩道(蛇谷自然観察路)があって片道30分ほどの山歩きが楽しめるらしい。
 
 

 
 

 
 
足下の階段には可愛らしい花たちが。
 
 

 
 

 
 
さ、今度こそ温泉や。
残念ながら薬師堂の横の足湯は故障中で、やっとらんかったし、立ち寄り湯でここの風呂に入ってきたわ。
中宮温泉の泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」です。塩化物泉は皮膚に塩分が付着し、汗の蒸発を防ぐため、保温効果が高く、「温まりの湯」といわれていて湯冷めしないのが特徴、「ナトリウム-炭酸水素塩泉」は石鹸のように皮膚を洗浄し、皮膚をツルツルにする「美肌の湯」ねんといね。
ほんまに温まったわ。
 
 

 
 
温泉の横を流れる川でマイナスイオン浴も完璧やわ。

さて、昼も過ぎたし、も一度道の駅瀬名まで戻って、山猫で蕎麦喰ってこ?
 
 

これが連れあいが悩みながら頼んだ「十割そば膳」1,500円、十割蕎麦のせいろ(またはおろし蕎麦かかけ蕎麦)に、蕎麦豆腐と炊き込みご飯が付くんやわ。
きんのはこれにおまけ?で蕎麦刺身の小皿が付いとった。
 
 

 
 
次女とchikahachiは「おまかせ天ぷらそば」1,600円、十割蕎麦のせいろ(またはおろし蕎麦かかけ蕎麦)に天ぷらの盛り合わせが付いた奴。
 
 

 
 
ああ、相変わらず美味しかったわ。
最後にとろとろ濃厚蕎麦湯。
 
 

 
 
ああ、満足、ご馳走様!

お陰さんで、きんのはゆっくりとした休日を楽しめたわ。
ほれでも、家に着いたら疲れたーっちゅ感じで、鏡見たら…
 
 
 
 
 

 
 
こんな感じんなってもた(笑)。

 
 
 
 
 
 
ブログランキングに登録しています。
下のバナーをクリックして頂くと、このブログのランキングが上がります。
よろしければ、クリックにご協力下さい。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
 

今日も出撃!

連休も後半に突入、良いお天気が続いて、金沢も汗ばむ程の陽気やね。

以前、中島大橋の近くにあった家系ラーメンの「六七家」、一度食べに行かんなんって思とる内に、いつの間にか閉店してとった。
風の便りではどこぞに移転して再オープンしとるちゅう話やってんけど、今日高柳方面に用事で車走らせとったら… 
 

 
 

あっ、ここにあったんやー、ちゅうほど表通りに面したとこで発見してしもたし、きゃここで昼済ますことに決定!
 
 

 
 

まだ小綺麗な店内に入ると、カウンターの目の前にメニュー表が貼り付けてあったし、初めてやから中盛りラーメンに味付玉子トッピングをオーダーしてん。
 
 

 
 
で、待つこと数分、出てきたのがこれやわ。
家系というのをちゃんと食べたことがありませんけど、ここのは結構マイルドで食べやすいトンコツ醤油のスープ、麺はやや固めに茹で上げられた軽い縮れのある太麺で、噛み応えがある麺やなとの印象。
食べ進める内におろしニンニクをほんの少し加えると、スープの味わいがパッと変わって楽しめるし、さらに豆板醤を少しずつ溶かしていくと更にスッキリとした味に変化し、飽きずに食べ進めることが出来るんやわ。
 
ただ、スープは良かってんけど、中年オッさんにとっては、麺が中盛りでは多かったんで、最後は結構食べ進むのが大変やった。
今度来る時は普通のラーメンに何かトッピングして、餃子でも頼んでみることにすっかな。
 
ここもなかなか美味しいお店でした。
もっとコッテリな味を想像してたので、嬉しい誤算になりました。
ご馳走様!

 
 
 
 
 
 
ブログランキングに登録しています。
下のバナーをクリックして頂くと、このブログのランキングが上がります。
よろしければ、クリックにご協力下さい。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
 

かつ丼の名店「ぶんぷく」へ

連休中にもかかわらず、まったりと商い中のchikahachi、今日は昼交替をしてもらってランチに。
天気も良いし、チャリでちゃべちゃべと片町方面を偵察しに行ってみてん。
 
で、今日行ったのは、金沢でかつ丼っていやぁここ。
 
 

 
 
木倉町の通りにあるかつ丼の名店「ぶんぷく」や。
とにかくかつ丼一筋のお店、高校時代に工大生に連れられて「ここのかつ丼旨いんだぞ」と教えてもらって以来、今日はかつ丼食いたいと思ったら真っ先に頭に浮かぶ店やね。
 
 

 
 
メニューはこんな感じやけど、この店じゃ迷わずロースかつ丼!
 
で、調理場ではご主人と奥さんがお二人で、相変わらずてきぱきと注文を捌いていく姿が。
今日は連休中でほぼ満席やったし、ご主人の妙技、左から右に5つのコンロに並べられた親子鍋に時間差で出汁を張りタマネギのスライスを入れて、その横でカツを揚げ、頃合いを見計らって揚がったカツを切って鍋に投入し、お椀に卵を割り入れたら菜箸で10回ばかりかき混ぜて順に鍋に回し入れ、その間にもそれぞれの鍋の火加減を細かく調整しつつ、頃合いを見て丼に盛られた飯の上にさっと載せていく。
こんな寸分の狂いもない一連の調理作業が整然と進められていく様は、何度見ても飽きることがない。

で、出てきたのがこれ!
 
 

 
 
どや、美味しそうやろ?
脇役のシジミの味噌汁も相変わらずの味わい。
 
 

 
 
この卵の火の通り加減やら、タマネギの飴色な感じが堪らんでしょ?
やっぱりここのかつ丼、絶品やわ。
ご馳走様でした!

 
 
 
 
 
 
ブログランキングに登録しています。
下のバナーをクリックして頂くと、このブログのランキングが上がります。
よろしければ、クリックにご協力下さい。


人気ブログランキングへ

人気ブログランキング

にほんブログ村 本ブログ 古本・古書へ
にほんブログ村
 

Home > Archives > 2010-05

Search
Feeds
Meta

Return to page top